マンションを売却する

マンション査定 ホーム > マンションを売却する

マンションを売却する

契約についてチェックしよう

売却を依頼する不動産業者・マンション査定業者を選定したら、訪問査定などで正確な見積りを出してもらいます。その査定結果を基に、査定業者と媒介契約を結びます。

媒介契約を締結し、マンションの買い手が見つかったら、次は売却契約を結びます。その後代金の決済・引渡し、という流れが一般的です。

マンション売却の流れ

マンション媒介契約をしよう
媒介契約には「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3種類があります。
それぞれメリット、デメリットがありますので、自分の都合に合わせて媒介契約の種類を選択しましょう。
マンション売却契約をしよう
マンションの買い手が見つかり双方の合意が得られたら、マンションの売却契約をします。この契約書に押印すると、正式に契約が成立します。

一旦成立すると、契約内容を変更するのは簡単でなくなるので、その前に必要なことや気になることは全て調べておきましょう。
売却契約・引渡しの時に必要なもの
いよいよ引渡しの時。前もって準備しておけば間際になってアタフタすることもなくスムーズに取引が進むはずですので、きちんと必要なものをチェックして揃えておくことが、成功の秘訣です。これさえ見ておけば安心です。
知っておきたいマンション売却費用・手付金
マンションの売却費用とは、リフォーム代から住宅ローンの抹消費用、契約書等の書類作成費用、さらに税金のことまでを指します。マンションを売却するにはどのくらいの費用がかかるのかは気になるところ。また契約が決まった際の手付金に関しても、詳しくご案内します。
知っておきたい権利のこと
所有権、抵当権など、普段は耳にしない言葉ですが、マンションの売買においては知らずには通れない道です。
簡単に説明されていますので、ぜひ頭に入れておいてください。

当サイト掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複製・転載・放送等を禁じます。 Copyright (C) 2006-2009 IBI Inc. All Rights Reserved.