マンション媒介契約

マンション査定 ホーム > マンションを売却する > マンション媒介契約をしよう

マンション媒介契約をしよう

売却を依頼する際に気になるのは、契約方法と売却費用です。マンションは高額なものですから、査定や売却を依頼する前に確認しておきましょう。

査定や売却を依頼する際の契約を媒介契約といいます。媒介契約とは、持ち物件の売却や希望物件の購入を依頼するなど、媒介を依頼した場合に結ぶ契約のことです。業者は依頼者に対して、物件の所在地や種別、取引価格、媒介契約の種別、媒介契約の有効期間、報酬金額などを明記した書面を交付する義務があります。普通、売却の場合は依頼した時点、購入の場合は物件が決まった時点で契約します。

媒介契約は、以下のように3種類あります。

  • (1)一般媒介契約
  • (2)専任媒介契約
  • (3)専属専任媒介契約

一般媒介契約

一般媒介契約では、複数の不動産会社や査定業者に依頼することができます。もちろん自分で探してきた業者へ依頼することも可能です。
また、契約後は、流通機構(レインズ)に自分たちの物件情報が出回る仕組みになっています。一般媒介契約の場合は、売主側に、逐一、営業・広告活動の近況を報告する義務はありません。

一般媒介契約は、明示型と非明示型とに分かれます。

明示型
明示型では、数社あるうちの依頼先を媒介契約書に記入しなければならない契約です。
非明示型
非明示型は、明示型とは反対に、依頼先を明らかにする必要がありません。ですから、他社への依頼を知られずに済みます。時間に余裕のある方は、複数社へ依頼したあと、じっくり見極めてみるのも良いでしょう。

専任媒介契約

専任媒介契約では、1社のみの取引となります。契約のメリットは、1社だけに絞ることによって、営業マンが熱意を持って成約に努めてくれるという点です。

流通機構(レインズ)を通じて、マンション情報が出回ります。ですが、専任媒介契約では、業者は契約を結んで7日以内に流通機構に登録しなければならない義務があります。つまり、より早く情報が公開されることになります。また、取引先が知人であっても、直接売ることができるので、よく使われる契約の1つです。

専属専任媒介契約

専属専任媒介契約は、1社のみの契約です。専任媒介契約と比べて、縛りがきつくなる分、業者側も1週間に1回以上の活動報告を義務付けられています。
売主が自力で買い手を見つけてきた場合でも、契約した業者が仲介に入るかたちとなります。

当サイト掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複製・転載・放送等を禁じます。 Copyright (C) 2006-2009 IBI Inc. All Rights Reserved.