マンション売却契約

マンション査定 ホーム > マンションを売却する > マンション売却契約をしよう

マンション売却契約をしよう

売却契約(売買契約)を結ぶためには、まず宅地建設取引業者の立会いのもと、重要事項説明書の交付が必要になります。重要事項説明書とは、マンション物件とマンションの内容や取引条件が記された書面です。

瑕疵(トラブル、傷)などがある場合は、もちろん、その内容を重要事項説明書に記載しなくてはなりません。

重要事項説明書は、両者(売主と買主)のトラブルを避ける目的で作られたものです。買主に充分な理解と納得してもらったうえで契約を交わす必要があります。重要事項説明書は、「宅地建物取引業法」に基づいて、交付が義務付けられています。

契約書には、宅地建設取引業者の記名と押印があるか確認しておきましょう。「売却契約時に必要なもの」の項目でも説明させていただきますが、売主は、登記簿謄本(登記事項証明書)と実印、印鑑証明書が契約時に必要になります。

次に、重要事項説明書が宅地建設取引業者から読み上げられます。買主が承諾すれば、売主は買主から手付金をもらいます。この手付金は、売却金額の10%~20%が相場のようです。売買価格の残りの金額は、引渡し時にもらうのが一般的です。

また、途中で買主が売却契約を解除されてしまうことも予想されます。破談になった時のために、契約条項には、あらかじめ「契約を解除した場合は手付金を全額もらう」といった内容を記す必要があります。これによって、手付金を確保することが可能です。

稀なケースですが、買主が手付金を支払わず、一括で売却額の全額を支払うこともあります。この場合は、全額を受け取ったあと、所有権を移転して物件を引き渡すだけですので、スムーズに取引を完了することができます。

売却契約が交わされれば、その後、買主が全額を支払うまで待つという流れになります。

当サイト掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複製・転載・放送等を禁じます。 Copyright (C) 2006-2009 IBI Inc. All Rights Reserved.