マンション売却契約・引渡しの時に必要な物

マンション査定 ホーム > マンションを売却する > マンション売却契約・引渡しの時に必要なもの

マンション売却契約・引渡しの時に必要なもの

契約時に必要なものは、2つに分けて紹介します。売却契約時に必要なものと、残金受領時に必要なものです。書類を忘れないよう、しっかりチェックしておきましょう。契約時に必要なものは、以下のとおりです。

  • A.売却契約時に必要なもの
  • B.引渡し時(残金受領時)に必要なもの

契約時に必要なもの

A. 売却契約時に必要なもの
(1)売買契約書 不動産会社や査定業者に用意してもらえます。売買契約書には、署名と捺印をします。契約書で分からないことがあれば、しっかり内容を把握できるまで確認することが重要です。
(2)物件権利証(登記済権利証) 土地や建物の登記が済んでいることを証明できる書類です。あるいは、司法書士に作ってもらった保証書もこれに含まれます。物件権利証のほか、登記済権利証、建物登記済証、権利証などとも呼ばれています。
(3)住民票 3ヵ月以内に発行された住民票。
(4)印鑑証明書 3ヵ月以内に発行された印鑑証明書を1通。
(5)身分証明書 運転免許証など。本人と確認できるものを1点。
(6)実印 実印は、売買契約書に捺印する際に必要になります。名義人の実印になります。
(7)銀行口座の分かる物(残金の振込先) 振込先の口座番号が分かるもの、銀行の通帳などです。
(8)ローン残高証明書(返済予定表) 住宅ローンの残債が分かる書類が必要になります。
(9)固定資産税納付書・固定資産税評価証明書(都市計画税納付書) 固定資産税の精算をするために必要になります。マンション所在地の市区町村役所で受け取りが可能です。23区内に所在の場合は、都税事務所でもらえます。
(10)付帯設備表・現況確認書 照明器具やエアコンなど残していく設備があれば、明確にしておく必要があるでしょう。
(11)管理規約書・管理組合総会議事録 マンションの管理規約書が必要です。
(12)仲介手数料 仲介手数料の金額は不動産会社によってもさまざまですが、売買契約時に、手数料の半額を支払う場合が多いようです。買主からもらった手付金の一部から支払うケースもあります。
(13)印紙代 印紙は、売買契約書に貼り付るために必要になりますが、多くは用意してもらえます。また、印紙代も売却価格によって異なります。
※本人が来られない場合には、委任状と受任者の印鑑が必要となります。
B. 引渡し時(残金受領時)に必要なもの
(1)お住まいの鍵・その他の鍵一式 引渡し時には、必ず必要になります。郵便受けや物置などの鍵も含みます。
(2)物件権利証(登記済権利証)
(3)住民票 登記上の住所と同じものを1通。
(4)印鑑証明書 登記上の住所と同じものを1通。
(5)身分証明書
(6)実印
(7)銀行口座の分かる物(残金の振込先)
(8)固定資産税納付書・固定資産税評価証明書(都市計画税納付書)
(9)管理規約書・管理組合総会議事録・パンフレット
(10)ガス・電気・水道などの精算領収書
(11)銀行口座の分かる物(残金の振込先)
(12)付帯設備表・現況確認書
(13)(抵当権があれば)抵当権の抹消書類とその費用 抵当権などの抹消書類は、借入先の銀行や金融機関へ連絡が必要になります。引渡日の1ヵ月前くらいまでには確認しておきましょう。
(14)ローン完済手数料 借入先の銀行や金融機関に確認しておきましょう。
(15)仲介手数料の残額 仲介手数料の残りの金額を支払います。
(16)印紙代
※本人が来られない場合には、委任状と受任者の印鑑が必要となります。
※亡くなった方がマンションの名義人の場合は、相続登記が必要になります。
※引渡し日には、司法書士や不動産業者の立会いのもと、最終的な引渡しを行います。

この時、物件権利証の確認や、残りの仲介手数料を不動産会社へ支払います。そして、買主から売却価格の残金を受け取ります。玄関や勝手口などの鍵一式を買主に渡して、土地の説明をすれば、中古マンションの引渡しが完了となります。

当サイト掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複製・転載・放送等を禁じます。 Copyright (C) 2006-2009 IBI Inc. All Rights Reserved.