マンション査定の質問

マンション査定 ホーム > よくある質問 > 質問

マンション査定についての質問

マンション査定を不動産会社に依頼したら、必ず売らなければなりませんか?
必ず売らなければないらいということはありません。当然ですが、想定しているよりも価格が安くなるようであれば売却しなくても構いません。査定後の売却は、例外を除いて、基本的に売主本人の意思を尊重します。もちろん、不動産会社や査定業者の中には、将来を見越したマンション査定を受け付けてくれる会社もあります。いずれにせよ、査定結果を参考にして、売却したほうが良いかどうかしっかり熟慮しましょう。
机上査定と実査定の違いを教えてください。
机上査定とは、文字通り、机の上だけで査定額を算出することです。つまり、机上査定はマンション物件を見ずに、第一段階として大まかな見積りを取ることを目的としています。売却するまで時間的に余裕があるときは、机上査定でスピーディーに査定額を出してみるのも良いかもしれません。


実査定は、実際に査定の担当者がマンションに足を運んで、部屋や外観をチェックした上で査定額を算出する形になります。実査定では「取引事例比較法」などの手法を用いて、あらゆる側面(内装、外観、日当たり、眺望、階層など)から査定額を割り出します。そのため、実際の売却相場価格により近い金額が出されます。本格的にマンション売却を考えているユーザーにとっては、こちらの実査定をお勧めします。
査定時間はどのくらいかかりますか?
査定の種類や査定業者にもよりますが、机上査定では「査定条件記入用紙」を書く時間を含めて1時間、長くて2、3日程度で算出されます。その際、査定条件が分かるように、居住マンションの資料などを持参していきましょう。より詳しい調査報告書をもらう場合は、担当者が役所や法務局へと出向きますので、数日~約1週間ほどで調査結果が出されます。また、実査定では、お住まいの地域にもよるため、おおよそ2~3週間ほどかかります。遠隔地などの場合は、それ以上の日数がかかることもあります。なるべく余裕を持って査定してもらいましょう。
査定で必要になる物はありますか?
査定時に必要な物は、査定するマンションの詳細が分かるものがあった方が好ましいでしょう。具体的には、権利証やマンションの図面、分譲の際にもらったパンフレットなどです。権利証は、査定マンションの面積や名義人を確認するのに使います。査定時間を短縮するのであれば、持参されたほうが良いでしょう。

当サイト掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複製・転載・放送等を禁じます。 Copyright (C) 2006-2009 IBI Inc. All Rights Reserved.