契約成立!

マンション査定 ホーム > マンション売却を決めるまで > いよいよ契約 紆余曲折のバタバタ劇

いよいよ契約 紆余曲折のバタバタ劇

9月21日 N社より連絡

タイミングが合わず、お断りしたN社から「付き合いのある買取業者さんから金額の提示があった」とメール。売り出している価格からすると安めだが、どのみち、価格交渉が入って売り出し価格より安く売ることになるはず。それを考えると悪くない数字だ。だが、一度T社に頼んだ以上、契約期間の3カ月間はお任せするしかない。そのように返信を書いてメールする。

10月 営業活動、停滞を続ける

T社からは2週間に1度、メールに添付して営業活動報告書が来るものの、目だった進展なし。あまり動きがないのであれば、価格を見直すなり何か、手を打ったほうがいいのではと思うものの、仕事が忙しく放置。後日、猛反省をすることに。

11月末 L社、D社から連絡

T社との契約の有効期限が12月初旬までということを見越して、2社からアプローチ。うち、L社からは一部のリフォームなど売り方の提案があり、なるほどと納得。詳しく説明してほしいと返信をする。D社からはぜひ会って欲しいと連絡があり、12月1日、朝8時に待ち合わせをすることに。

12月1日 D社、アポをすっぽかす

8時の約束が10時まで待っても連絡なし。こちらから連絡を入れると、すっかり忘れていた様子。その後、詫びの電話が何回か来たが、もう二度と連絡するなと言い渡す。L社からはご検討いただけましたか?と間の抜けたメール。いいと思ったから、説明して欲しいとメールしたのに、意図を理解していない。やはり、ここもダメだ。

12月6日 N社に連絡を入れる

T社との契約の有効期限は3カ月なので、この日まで。はかばかしくない状況を打破するため、何か連絡が来るかと思ったが、何の連絡もなし。もう、T社ではだめだろう。そこで、以前からのやりとりで印象が良かったN社に連絡を入れ、翌日、訪問することにする。

12月7日 N社を訪問

N社を訪問。担当者はこれまでの周辺物件の売買例などの資料を用意していてくれた。非常に率直な人で、いくらで売りたいではなく、最終的にいくら手元に残ればいいのかという質問をされた。私が出した希望額を聞くと、それに100万円でも、200万円でも上乗せできるように売りますという答え。その答えで最終的にN社に依頼することに決定。

12月8日 N社と契約

T社から鍵を引き上げ、N社に渡す。その翌日、すでに3件の案内が入っているという。これで決まってくれればいいが・・・。

12月10日 売却先が見つかったと連絡

希望額以上の額を提示してきた買い取り業者があったと連絡。私としても十分満足できる額だったため、それで話を進めてほしいと返事。その後、来週17日に契約をするので、書類を用意してほしいと電話をもらう。どんな書類が必要か、一覧のファックスが来たので、それに従う。不動産会社の指示に従えば、けっこうラクチンみたいだ。また、さらにもう一度電話があり、アスベスト使用の有無について何か資料はないかという。確か、管理組合が使用の有無についての調査をしていたはずなので、資料を探してファックスしますと答える。

12月14日 売却交渉決裂

アスベスト使用に関する資料をファックスしたところ、先方がそれを理由に値下げしろと言ってきたと電話。資料に、機械室などの天井にアスベストが使われている可能性があるとあったのだ。入居者が入る可能性のない場所で、しかも可能性がある程度なのに、と腹が立ったが、仕方ない。N社の担当者もむっとしたようで、他社にあたりますと言ってくれた。

12月17日 売却先決定

驚いたことに、N社の担当者はすぐに次の売却先を見つけてきた。しかも、最初の会社とほぼ金額的には変わらない。もちろん、OKを出す。専任媒介契約では営業活動の報告は2週に1度と定められているが、N社は毎週出してくれる。会社によってずいぶん違うものだ。

実際の売却までの、フォロー体制は、会社によって違う!

12月21日 契約

N社に依頼してから2週間としないうちに売却成功。あのまま、T社にまかせっきりだったら、どうなっていたことか。売却のポイントは会社選び、担当者選びにありということを実感した経験だった。

とにかく会社と、担当者選びが重要!

複数査定は後日のチャンス増大につながる
どこの会社も一度査定した物件の動きはウォッチしているもの。ある会社に媒介を依頼していても、契約期間である3カ月以内に売れていない場合は他社から声がかかることがあります。依頼している不動産会社に満足していれば問題ありませんが、そうでないときにはここで乗り換える手も。また、査定を依頼した会社はどんな物件が市場に出たかを知っているわけですから、条件があうお客さんがいた場合にはあなたの物件を紹介してくれます。つまり、複数の会社への査定依頼は後日の売却チャンスを増やすことにつながります。査定だけなら無料ですから、できるだけ多くの会社に依頼してみるといいかもしれません。
媒介契約は自動更新
媒介契約の有効期限は3カ月。しかし、特に何も言い出さなければ自動的に更新されることが多いようです。特に契約書を作り直さない場合が多いので、更新したくない時には契約期限ぎりぎりでもいいので、その意向を伝え、預けた鍵などを返却してもらうこと。基本的には営業を開始して1カ月で何の進展もない場合には、価格の見直しなど何らかの手段をとる必要があります。

当サイト掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複製・転載・放送等を禁じます。 Copyright (C) 2006-2009 IBI Inc. All Rights Reserved.