査定業者の選び方

マンション査定 ホーム > 業者の選び方

マンション査定業者の選び方

マンション査定業者の実態

マンション査定の業者は、不動産会社、あるいはマンション査定を専門に扱う業者(不動産鑑定士、査定業者など)の2通りに分かれますが、実質は不動産会社がほとんどといわれています。

不動産会社では、大手から中小企業の不動産会社までさまざまですが、査定だけを取り扱う会社はあまり見かけません。必ず不動産の販売や仲介業に携わっているので、一環して取引しているケースがほとんどです。

それでは、どのような不動産会社や査定業者が存在するのでしょうか。例を挙げてみましょう。

大手であった場合、安心できるからと考える方も少なくはありません。しかしながら、大手不動産会社の中にも、ひとまず専任媒介契約を結び、売却活動をせずに売値を下げさせようと目論む会社も存在します。これは、なるべく安く売主から買い取り、法外な価格で販売し、自分たちの利益を上げようとする目的からです。

通常よりもわざと高い査定金額を提示して、売却を煽ってくる会社も少なくありません。予想よりも高い査定金額を出されたからラッキーと思っていると、思わぬ落とし穴が待っているかもしれません。ですから、会社が大手だからと言って、一概に安心できるものではありません。

それでは、近隣エリアに詳しい地元の不動産屋さんはどうでしょうか。マンションに近いために、確かに、他の業者や不動産会社に比べて、近隣エリアの物件情報を数多く持っていることが考えられます。しかしながら、情報量が多くても、中古物件の売却に精通しているかというと疑問があります。

マンション査定では、取引事例を用いて比較し、なおかつ、適正な価格で売ることが目的です。売主と買主の両方の立場に立てる業者を選ぶ必要があります。

不動産会社を選ぶ前にしっかりと見極めて、少なくとも複数の会社からも見積りをとることをお勧めします。

マンション査定業者の選び方とコツ

ポイント1:中古マンションの取扱
まずは、中古マンションの売買をよく扱っている業者を選ぶことです。中古マンションは、新規マンションとは異なり、エリア内の取引事例を比較して、適正なマンション価格を算出します。ですから、なるべく多く中古物件を取り扱っていて、売却マンションに近いエリアに精通している業者であることが前提となります。
ポイント2:販売活動
中古マンションの購入者を見つけるための販売活動です。買手が友人であったり、すでに買手を見つけてきた場合は例外ですが、基本的には、査定から販売まで依頼する流れになります。売主に考慮するばかりではなく、購入者への宣伝広告やその営業活動を頻繁に行ってくれる業者を探すことが重要になります。媒介契約を結んだあとも、いくらのマンション価格なら3ヵ月以内に売れるか、という分析もしてもらえます。もちろん、流通機構(レインズ)や宅地建物取引業協会などの団体に加盟していることも、1つのポイントになります。
ポイント3:取引案件の多さ
信頼できる取引先には、取引案件を数多く抱えていたり、人脈が広く売主にメリットのある情報を与えてくれる会社が挙げられます。それだけ実績があり、販売を任されている証拠にもなります。人脈も広ければ、買手を見つけやすいのはもちろん、周りの不動産会社から信頼されている人だということも分かります。
ほかにも、自分たちでネットから近隣エリアのマンション価格を入念に調べたり、取引事例となるような物件がどれくらいの価格で売れたかを把握する必要があると言えるでしょう。販売価格や取引価格の情報については、チラシや新聞、口コミ、インターネットなどを活用しましょう。

自分たちで多くの物件情報をストックし、一定の価格基準を持って、信頼できる不動産会社や査定業者を選ぶことが大事だといえます。

実際に複数の会社にマンション査定をしてもらうと、査定金額に開きが出ます。これは、あくまで不動産会社や査定業者の主観が入っているためです。取引事例を使うにせよ、周辺の収益価格から査定額を割り出すにせよ、自分たちが適正だと思える価格でマンションを買ってもらうことが、何よりも大切だと言えるのではないでしょうか。

当サイト掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複製・転載・放送等を禁じます。 Copyright (C) 2006-2009 IBI Inc. All Rights Reserved.