築年数

マンション査定 ホーム > 評価項目 > 築年数

築年数

築年数(築後経過年数)
築年数は、当然ながら、新しければ新しいほど高く評価されます。築年数は、四捨五入で計算されます。築10年を基準にして、年数が1年減ると(例えば築9年)、1.5%ずつ価格が上昇します。

つまり、築1年のマンションであれば、築10年と比較して、13.5%プラスとなります。反対に、築10年以上は、1.5%マイナス。築16年以上は2.0%のマイナス。さらに築21年以上は、2.5%のマイナス価格となります。築年数のパーセンテージは、あくまで目安ですので、1つの参考としてみてください。
※出典:
財団法人 不動産流通近代化センター『中古マンション価格査定マニュアル』

当サイト掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複製・転載・放送等を禁じます。 Copyright (C) 2006-2009 IBI Inc. All Rights Reserved.