売却の流れ

マンション査定 ホーム > ポイント > 査定前~売却の流れ

査定前~売却の流れ

マンションを売却したいと思っても、高額なものだし、分からないことだらけで不安な人も多いはず。マンション査定の流れをキチンと知っておくことがオススメです。

自分たちのマンションをよく知っておこう

ご存知の方も多いとは思いますが、マンションとは「居住用の区分所有建物」のことを指します。区分所有とは、建物の専有部分(玄関から内側、配管は共有部分になる)に所有権を持つことです。ですので、あくまでマンションの専有部分の所有者(区分所有者)であることが前提となります。

価格相場を調べよう

インターネットやチラシなどで価格相場を調べます。中古マンションでは、土地の価格がもっとも大事だと言われています。エリアがすべてだといっても過言ではありません。人気のある土地であれば、強気で売りに出しても良いでしょう。

査定を依頼しよう

マンション査定を複数の不動産会社や専門家に依頼します。ここで具体的に売り出し価格を決定します。実際のマンション査定方法についても知っておいて損はないはずです。

不動産会社へお出かけの際は、マンション周辺の地図、土地・建物面積のデータ、間取り図を持参しましょう。査定には、時間がかかることも考えられますので、なるべく余裕を持って出向きたいものです。> 詳しい査定方法は、こちら

媒介契約を結ぼう

不動産会社を1社に絞りこんだあと、その会社と媒介契約を結びます。媒介とは、仲介のことです。なお、媒介契約は、売却を依頼した時点で契約を結ぶのが常識です。依頼する時にはじっくり吟味しましょう。

契約を交わすと、不動産会社が販売活動を始めます。販売には、新聞チラシの広告や見込み客リストへの電話営業、現地看板、ホームページなどに掲載が行われます。もっとも効率的な広告は、大手不動産サイトへの登録です。全国のどこからも見られる、というのがその大きな要因の1つです。

購入希望者と交渉しよう

広告から買い手がつけば、本格的に価格の交渉です。不動産会社と購入希望者との間で、価格の値下げなどの話し合いがもたれます。買い手から、大幅な値下げを要求されることもありますが、売り手側もそれを拒否できる権利があるので安心です。人気がない立地だとそもそも買い手がつけないケースもあります。ですから、あらかじめ希望販売価格を高めに設定しておくと値下げもしやすいのがコツです。

売買契約を結ぼう

交渉が成立すれば、いよいよ売買契約です。契約時は、宅地建物取引主任者から買主に説明がなされるので、売主は立ち会って話を聞くだけです。買主から手付金をもらったら、所有権を移転します。

物件の引渡しをしよう

物件の引渡しの際に、販売価格の残金をもらいます。通常、売買契約を結んでから1~2ヵ月かかりますので、その間に買い手は融資の準備、売り手は抵当権の抹消の手続きを行います。引渡し日には、行政書士や不動産業者の立会いのもと、物件権利書の確認や、仲介手数料の支払い、法務局での名義変更を行います。鍵を買主に渡して、土地の説明をすれば、売主の手続きは完了となります。

また、小規模な住宅、事務所ビルや雑居ビル、タウンハウスなどはマンションに含まれません。したがって、中高層住宅がマンションに含まれます。

マンション査定を初めて検討されている方は、念のため、確認しておくと良いでしょう。

当サイト掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複製・転載・放送等を禁じます。 Copyright (C) 2006-2009 IBI Inc. All Rights Reserved.